互換性問題

弊社のあるお客様は、ご注文をいただく方からデザインのデータを送っていただくことも多いです。でも、そのお客様はそれほどパソコンには明るくありませんので、わからないことがあるとすぐに電話がかかってきます。

先日かかってきた内容は、「データを解凍したら文字化けしててどれを開けばいいのかわからない」っていうものでした。データを転送してもらって調べると…確かに文字化けしています。でも解凍した瞬間に「ピン」ときました。

データを作った人はMACで作っていたんです。で、それをMACの標準圧縮機能で圧縮して送ってきたんですね。弊社のお客様はWindowsを使っていますので、そのまま解凍するとファイル名が文字化けするばかりか、変なフォルダまで出来上がります。

これはWindows側でソフトを入れて対応する方法もありますが、本当はデータを送る人が気をつける問題です。相手の環境が何であれ、きちんとデータを見せることができるような配慮ですね。今回の問題はMACの標準圧縮機能を使っていることが問題ですので、たとえば「WinArchiver Lite」のようなソフトで圧縮をするようにすれば、このような問題はなくなるはずです。

データのやり取りをする相手との「環境の違い」っていうのは今後もついてまわる問題になりますので、こういったデータの受け渡しをする場合には相手の環境を配慮するってのも大事なポイントになります。その後に何回もやり取りが出ちゃうような無駄も省けますしね。

ビジネスシーンではまだまだWindowsが強いですけど、おそらくMACの比率は今後伸びていきます。僕もプライベートはMACですけど、一度使うとWindowsに戻れなくなりますから…。^_^; ですから、たとえばお客様とのやり取りでも様々な環境を想定して、どのような環境でも問題なくやり取りが出来るような対応を考えておけるといいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>