SNSの役割 その3

SNSの3つめの役割…それは「忘れ去られないようにする」ってことです。以前で言うメールマガジンや、ニュースレターなどの役割になりますが、今はSNSの方が効力が高いです。

SNSではつながってさえいれば、その方のタイムラインに存在し続けることができます。「お客様や消費者の人生に毎日存在しつづけることができる」ということは、実は非常にすごいことなんですね。

もっと言うんであれば、メールマガジンに取って代わるツールがSNSになります。要はプッシュのツールになりますが、SNSでは「売り込み臭」が非常に嫌われますので、そのあたりには気を配らなくてはいけません。

それでいて適度な情報を流すことによって、お客様の頭の中に「存在し続ける」ことができるんですね。何かあったときに頼ってもらえる確率も高まります。

マーケティングの基礎の基礎…「接触し続ける」ということが非常に簡単に出来るツールがSNSになりますから、これは上手に使っていきたいところです。

明日はいよいよ4つめの役割について説明します。(一番大事な部分です。)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>