OEが2GBを超えると

お客様より「メールが送受信できなくて困ってる」とのお電話をいただきました。詳しいお話を聞くと急に送受信できなくなったとのことでしたが、解せないのが同じメールソフトに複数のアカウントが登録してあり、あるメールアドレスの送受信だけができなとのことでした。

うーん…あまり聞いたことがない現象ですね。ネット接続自体は問題なく出来てて、メールソフトだけがおかしい感じです。そもそもが送受信できるアドレスとできないアドレスが混在している時点でサーバー障害を疑うのですが、該当のメールサーバーで障害が出ているわけでもありません。

で、詳しいエラーの内容を聞くと「0x800c0133」とのことでしたのでネットで情報収集してみました。以前は自分の経験かメーカーのサポートに頼るしか方法がなかったんですが、ホントこういうのは助かりますね。ネットが「集合知」って例えもわかるような気がします。

こちらのお客様は使っている工作機械やソフトウェアの兼ね合いで、WindowsXPを使い続けることを余儀なくされています。そのため、メールソフトは未だにOutlook Exepressを使っているのですが、原因っぽいのがありました。

Outlook Exepressの場合、ひとつのフォルダの容量は2GBが限界のようです。そのため、受信トレイの容量が2GBを超えると受信ができなくなるようで…この場合は容量を減らしてあげればいいので、他のフォルダを作ってデータを移すなり、いらないデータを消してあげればいいのです。お客様にもその旨を連絡して、無事送受信ができるようになりました。

正直言いますと…知ってました。というか、忘れてました。以前に同じような現象が他のお客様であったのですが、その時はその場(知識)で対応したんです。でもそれはWindowsXP全盛の時の話であって、さすがに今は忘れてしまっていました。根強い人気があるとはいえ4世代も前のOSですしね…。

現在主流のOSならまだしも全てが全ての知識を覚えておくことはまず無理な話ですので、頼れる部分は便利なネットに頼ってもいいかなと思っています。(記憶より記録の方が正確なはずですしね。どこかの政治家ならいざ知らず…。)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です