エモらせる

若者の間で「エモい」って言葉が使われているようですが、これは「エモーショナル」を省略化した言葉です。「キモイ」とかと同じですね。^_^;

で、この「エモい」の意味なんですが、そのままの意味で捉えると「感情的」とか「情緒的」とかそういう感じになります。でも、若者たちはその辺を意識せずにいろんな場面で使っているようですね。特にインスタなんかで「#エモい」とかついているのをよく見かけます。

要は嬉しかったり感動したり、盛り上がったり感心したり…あらゆる感情の時に使われるようなんで一言では言い表せないんですが、基本的にはポジティブな感情の時に使われることが多いようですね。

ただ、共通点もあって…それは「感情が強く動いた時に使われる」ってことです。まぁ、そりゃそうですよね。感情がどちらかに振れた時しか、人はなかなか行動を起こそうとはしません。特にネットなんかではこれが顕著です。

そう考えると、SNSを使って拡散したい企業なんかは、いかに「エモい」かを考えればいいわけです。「エモい」って言葉があれですけど、感情を揺さぶることはマーケティングの基礎ですから、その辺がわかっていればネットだろうがリアルだろうが同じってことですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です