リピートアクセスを高める

ホームページで反応を取っていくためには、「リピートアクセス」っていうのがものすごく大事です。リアルな営業でも接触頻度を高めると反応率が上がるように、リピートアクセスの率が高い人は非常に見込みの高いお客様だからです。

これは金額に関係ありませんが、高いければ高いほどお客様は簡単には決めませんから、高価格帯の商品やサービスでは特に大事なポイントとも言えます。

リピートアクセスを増やすためには、リピートアクセス「しやすい」ような仕掛けと、リピートアクセス「してもらえる」ような施策の両方を施しておく必要があります。

例えば、きちんともう一度見つけてもらえるようにしておくってことも大事なポイントです。最近は「お気に入りに追加」してくれる率というのは下がりました。もし追加してくれたとしても、そこから再度アクセスしてくれる率は相当低いです。

どちらかというと消費者はその都度その都度検索をします。でも、「前に見たあのページに行きたいんだけど、何で検索したっけ?」ってなることも多いんですね。そうすると、手当たりしだい思いつくキーワードで検索したりもするんですが、その際に色々なキーワードで表示されるようにしておかなければ「見つけてもらえない」ってことにもなってしまいます。これは機会損失の何者でもありません。

それから情報の更新をきちんとして、常に新しい情報(生きた情報)を載せておくことも大事なことですし、1回では見切れないくらいの情報があるということも大事なポイントです。それが有用な情報であればあるほど、「もう一度見にこよう」と意識してもらえる率も高まるからです。

ホームページは待ちのツールです。ですから、お客様からの接触を待たなくてはいけません。「接触してもらうためには何が必要か」そして「複数回来てもらうためには何が必要か」…こういう点をもう一度しっかりと考えて、ホームページに反映させていくといいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>