常に新しい情報を

自社に営業部門でもあれば別の話になりますが、あくまでネットでホームページに仕事をしてもらって集客していくのであれば、それはやはり「ホームページの更新」が肝になってきます。

更新もされていない、いつの情報が載っているかわからないホームページよりも、いつもフレッシュな情報が載っていて、運営者の考えや人柄もわかりやすいページの方が「お願いしたい」って思いませんか?

ホームページってどうしても本来の業務に押されて後回しにされがちな部分ですけど、そこを大事にしている会社ほどネットで伸びていっています。

ホームページにどれだけ力を入れているかで、その商品やサービスにどれだけ愛情を注いでいるかもわかってしまいますし、ホームページでどれだけ情報を発信しているかで、どれだけの熱い想いを持っているかもわかります。だからこそ、ホームページの更新って大事なんですね。

今はネットで比較検討が簡単にされてしまう時代ですから、最終的に「選んでもらう」ためにはホームページに「熱」を持たさないとダメですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です