量より質

ホームページ会社の中には「○○社に納入実績」とか「○県で1番の作成実績」とかうたっている会社も多々ありますが、ホームページってただ数を作っても意味はないと僕は思っています。

大切なのは、そのホームページがどれだけ「動いて」くれているかどうか…つまり、そこからどれだけの反応があって、どれだけの売り上げを上げているかという視点が大事じゃないかと思います。要は、きちんと成果が出ているかどうかってことですね。

ホームページで成果を上げる…って結構大変なことですよ。それこそ、かなり真剣に時間と手間をかけて向き合わなければいけません。これはホームページ作成会社側だけの話でもなく、実際に作ってもらう会社やお店側もそうですけどね。

数を作ろうとすると、どうしても1つ1つが手薄になります。でも、それは弊社の求めるものではありません。だからこそ、弊社では年間の制作数に制限が出ようとも、1つ1つにきちんと時間を割いて作るようにしているんです。

正直…効率は悪いです。数をさばいた方が儲かるからです。でも、納めたホームページに成果が出ないのが僕は一番嫌というか、最後まできちんと責任を持ちたいんですよね。そのためには、かけられる手はどれだけでもかけるべきだと思っています。

この考え方は起業当時から変わっていませんので、10年以上経ってもなかなか楽にならないのはこのせいかもしれませんが^_^;、まぁでもこんなホームページ作成会社がいてもいいんじゃないかと思っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>