共感してもらえると話は早い

本日は新規のお客様が来社されました。色々なホームページ作成会社のHPを見たらしいんですが、ホームページ作成会社のくせにごちゃごちゃと見づらかったり、説明がわかりにくいところもあったようで、「ホームページを作っている会社のHPがこれじゃあ…」って話もされていましたが、実はそういうホームページ作成会社も多いです。

何故ならば、この業界って言うのは参入障壁が低いからです。それこそ、ちょっとhtmlをかじれば誰でも「ホームページ作成会社」を名乗れちゃうわけですから…。

でも、以前から何回も言っていますが「ホームページを作れる」ことと「ホームページで反応を取っていく」ことは別物になります。ただホームページが欲しいだけでしたら誰に頼んでもいいと思いますが、ホームページに何か「働き」を求めるのであれば、きちんとそういうノウハウ持っている会社に頼まなくてはいけません。まぁ、力のない会社はすぐに淘汰されていくのもこの業界の特色ですが、それでも毎年毎年参入は多いですからそういうところを見極める目というのも大切になってきます。

ありがたいことに弊社のホームページは褒めていただけましたが、僕のこのブログにも共感をしていただけているようでした。で、僕の「考え方」とか「人と成り」もわかっていただけている感じでしたが、こういうのもブログの効果なんですね。ここを理解してもらえると、会った後の話が非常に早くなります。今はSNSっていう便利なツールもありますから、こういう部分を皆さんもっと上手に使っていかれるといいんではないかと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>