頑張る方向性

本日は3社のお客様とお打ち合わせでしたが、そのうちの1社で「台風が逆にくる時代だから何が起こっても不思議なじゃない」と言われました。確かに環境だけじゃなく、市場なんかが変化するスピードは非常に速い時代です。

つまり、今までのやり方に囚われ続けたり、変化することを恐れていては、いつしか時代に取り残されてしまう可能性があるってことです。

こちらはまた違うお客様ですが、「頑張る視点がずれちゃいけない」ということを仰っていました。「何も考えずに毎日同じことを繰り返しているのでは、頑張る意味がない」という意味合いのお話でしたが、これは全くその通りだと思います。

「頑張る」こと自体が美徳とされる世の中ですが、ただ何も考えずに闇雲に頑張ったってダメで、きちんと「考えながら頑張る」ことが大事なんですよね。それが「頑張る方向性」を持つってことにもつながります。

変化が速いからこそ、頑張る方向性を間違えてはいけません。間違った方向を向いていると、一瞬で違う方向に進んじゃいますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です