水入らず

先日、妻と息子はママ友と食事、父は用事があって外食ということで、夕食は母と僕だけ…という状況になりました。そこでせっかくなので、2人で外食をする事にしました。

どうせなら母が食べたいものをと思って希望を聞いたら「暖家がいい」ってことだったんで、久し振りに扶桑にある「暖家」まで…ここのお好み焼きが母は大好きで、思えば僕も子ども時代によく連れてきてもらいました。

僕が大人になってからはデートでも使ったもんですが、相変わらず「変わらない空気感」でした。なんだか、ここへ来ると懐かしいような気持ちになります。

暖家今日は僕がドライバーなので珍しく「お好み焼き」です。…いや、お好み焼き屋さんなんですけど、美味しい鉄板焼きのつまみが揃っているんで、いつもはそういうの+もんじゃで飲んじゃうんですよね。^_^;

母と2人で出かけるのも本当に久し振りで、たわいもない話ばかりでしたが家ではあまり出来ないような話も出来て楽しかったです。たまにはこういう時間もいいというか、積極的に作ってもいいかなと思います。今度は親父も交えて3人で来ても楽しいかも…?

いつも側にいるのが「当たり前」になっちゃっていますが、それは当たり前のことじゃあないんですよね…いつか先にいなくなるのが「親」です。だからこそ覚悟を持たなくてはいけないと思いますし、何よりも一緒にいられる時間を大事に…大切にしていきたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です