いいことばかりじゃダメ

ホームページで大事なことは…「マイナス面もきちんと説明すること」です。どんな商品やサービスでも、メリットばかりではありません。必ずデメリットは存在します。ここでいうデメリットとは、誰かにとってはメリットであってもという意味も含みますので、どんなものにも存在すると思います。

まぁ誰かにだけ…って風じゃなくて万人においてのデメリットなんかもあったりしますが、そんな場合でも隠さずにきちんと伝えた方が反応率ってのは上がるんです。

もちろんフォローをきちんとすることが大事ですが、包み隠さず全てを伝えた上できちんとメリットの部分も伝えれば、ほとんどの人にとっては信頼性の向上にもつながります。

逆に良いことしか書いていないホームページなんてのは、うさん臭さを感じてしまうんですね。最近の消費者は目も肥えてきていますから、良い点と悪い点をきちんと情報として伝えた方がいいです。(まぁこの辺はバランスにもなりますけどね…。)

特に、何か隠したいことがあっても意図して隠すのだけは避けた方がいいです。このネット社会ではいろいろなところから情報が入ってきますので、あらぬ疑いもかけられかねません。良いことも悪いこともすべてを正直に伝えることこそが、最終的には自社のメリットになるはずです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です