生き残っているのは…

先日新規のお客様とお話をしていて「ホームページ業界」の話になりました。この業界ってのは参入障壁が低くて…それこそパソコン1台と自分のスキルさえあれば誰でも参入出来てしまいます。

ただその分、生き残るのが難しいというか…何かホームページ会社としての武器(USP)がなければすぐに淘汰されてしまいます。現に弊社が起業した15年ほど前には周囲に10社くらい同業他社があったはずですが、今ではほとんどが淘汰されてしまいました。

弊社の場合はその武器が「売れるホームページ」「反応の取れるホームページ」を作ることなんですが、同じようなことをうたっている会社は他にもあります。ただ…そのどれもこれもが「実践不足」というか、成果を上げることができずに消えていってしまいます。

言葉でいうのは簡単なんですが、ホームページで反応を取るためには「ホームページの知識」だけがあってもダメです。それこそ経済学…マーケティングの知識であるとか心理学の知識とか、ITコンサルレベルの知識も必要になってきます。その上で卓上の知識だけでもダメで、そこはやはり経験というか「現場で悪戦苦闘する」実践的な試行錯誤が欠かせません。

今生き残っている会社は「本当に力のある会社」か「詐欺的な悪徳会社」に二分されています。ですから、ホームページの作成や運用を頼もうと思ったら、まずはじっくりその会社のことを調査して見極めることが大事ですよ。(少なくとも評判を検索するくらいはしてくださいね。)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です