良質なコンテンツ

最近のGoogleは「平均ページビュー」や「サイト滞在時間」そして「直帰率」のあたりをより重要視しているように感じます。つまり、「いろいろなページをたくさん」見てもらっていて、「より長い時間そのサイトに留まって」いてくれて、「ページに来てすぐに帰らない」ってことを重要視してるんですね。

ということは、それに当てはまるホームページにすれば(少なくもSEO的には)有利ってことになります。まぁ、いくら順位が上に来ていても反応を取っていく手法は別になるので、トータル的に対策をしていく必要がありますけどね。

とはいっても、「良質な情報がたくさん載っている」ってことは、反応を取っていく上でも優位に働きますし、何より先ほどの3要素にも密接にかかわりあってきます。ですから…まぁ、これは王道とも言えますけど、「良質なコンテンツ」を「たくさんの量」「たくさんの頻度」で追加し続けていくってことが大事になってきます。

ここで大切なポイントは「良質」ってことです。良質…つまり、訪問者にとって有益な情報であったり、問題点を解決してあげるような情報ってことです。企業側からの押し付けの情報ではなく、ユーザー目線での、ユーザーが欲しがる情報のことです。

これを継続して提供し続けるのは大変なことですけど、これを積み重ねておくのは色々な意味でメリットがあるので、ぜひ良質なコンテンツを積み重ねていくことをお勧めします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です