まぁ忖度はしますけどね

ヤフーニュースにちょっと興味を引くニュースが載っていました。(ヤフーニュースは時間が経つと記事が消えるので、元記事のURLでご紹介します。)

工務店は500万、マッサージ店は50万?ホームページ制作費の謎

これ、読んでもらうとわかるんですが…あっている部分と違う部分があります。いや、考え方自体はわかるんですよ。金額の大小は置いておき、その金額内で動けることしかやらないってのもわかります。ビジネスならね。

ただ、安いホームページでもSNSを活用すれば…って、その活用方法がわからないから皆さん悩まれてるんです。そして、そこまで一切合切をサポートしてくれるホームページ会社は少ないですし、サポートしてくれても結構な金額が取られてしまうんですよね…。

それと、業種により高い見積もり安い見積もり…これも理屈はわかりますよ。でも、実際「ここの業界は年商が大きそうだから高めの見積もりで」…なんてことは、よほど悪徳なホームページ会社しかしていないと思います。

僕らが特殊かもしれませんけど、僕らは業界関係なく「反応を取っていくために最低限必要」なものを考え、それを提案します。まぁたいていの場合そのまま見積もり計算すると結構な金額になってしまうことが多いのですが、小さな企業に大きな負担を押し付けることはうちの会社の理念に反するんですよね。小さな会社こそ助けたいってのがうちの使命なんで。

ですから、そこは僕らが忖度します。サービスで動けるところはなるべくサービスで動き、お客様の負担を減らすようなお見積りを毎回お持ちしています。(弊社のお客様ならわかってもらえますよね?) まぁ…だからいつまで経っても貧乏会社なんですが、それよりもお客様に感謝の言葉をいただく方が嬉しいんですよね。

金額に応じて動くってのはビジネス的に正しい話です。でもそうするとなかなか費用を投下できない零細・中小は、誰も助けてくれないってことになってしまいます。いやいや…ネットの世界ってそういうもんじゃないでしょう?小さな会社が大きな会社に唯一太刀打ちできる場こそがネットじゃないですか!

ですから、弊社のスタンスは今後も変わらないと思います。「そんなの嘘だろ?」と思うなら、一度弊社に見積もりを取ってみてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です