ネットに力を入れるべし

コロナがこんな状態になって、日本経済はガタガタです…いや、コロナが来る前からガタガタだったかもしれませんが、とどめを刺された感じでしょうか?

特にお店関係とか、接客したり人とのかかわりをビジネスにしている会社は壊滅的ですね。でも、ネットを主戦場にしている会社の場合、ダメージは最小限に抑えられているようです。

確かに、弊社のお客様でもネットメインのビジネスの場合、閲覧数や閲覧時間が増えています。モバイル系のアクセスも増えていますが、確かに家に籠っていても暇ですもんね。必要なものの手配もネットを通じてってことが多いと思います。

コロナにも特効薬が出来れば数年後にはインフルエンザと同じくらいの扱いになってくると思われますが、コロナに変わる新しいウイルスがまた出てくる可能性もあります。結局ウイルスとの歴史はいたちごっこの歴史ですから、そうするとおそらく同じことの繰り返しになる可能性もあります。

今回のことがあったのでテレワークももっと推進されていくことでしょう。とすると、ネットを介する需要がもっと高まっていく可能性もありますし、ネットとリアルの割合を見直す企業も増えてくるんじゃないかと思います。

つまり…リスク分散の意味でも、自社のホームページをきちんと整備し、そこからも売り上げを上げられる構造にしておく必要があるってことです。自社のホームページ、そしてネット戦略をそういう視点からも一度見直してみるといいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です