知足

人間の欲望ってのは限りがありません。まぁ「欲」がないとそこに向かって努力しないという側面もありますので、「欲」自体は必要なものかもしれないと思っていますが、分不相応の「欲」を求めるようになっちゃあダメだと思うんですよね。

というか、今あるもので満足するような術を身につける方向に行くべきじゃないかと…。例えばこの地球上に空気があるだけでもそれは幸せな環境だと思わなければいけないですし、「生かされている」ということをきちんと認識すべきじゃないかと思います。

「今無いもの」を求める心じゃなくて、「既にあるもの」に感謝する心ですね。そこに目を向けるようになると、もっと精神的に成長ができるんじゃないかと思っています。

つまり、目指すべきは「物質的な充足感」よりも「精神的な充足感」ってことです。もちろん、生きていくためには即物的にならざるをえない側面もあると思います。でもそこには自制が必要というか、「満ちている」「足りている」ことを十分に理解し「飢餓感」「不足感」を感じないようにすべきじゃないかってことです。

もちろん…こんな高尚なことを言っていても、僕自身は全然そこに辿り着けていません。それどころか、本質を理解しているかというと、そこも程遠いと思います。でも、少しでもそういう意識を持って日々を過ごしていけば、心って少しずつでも磨かれていくんじゃないかって信じています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です