想いが伝わればいい

先日お打ち合わせをしたお客様から「口下手でなかなかうまく営業トークができないんだよね~」と冗談交じりで話されましたが、いや正直上手に営業されていると思います。

それは何故かといったら「想いを伝えよう」という努力をなされているからです。それがどれだけたどたどしくても、「熱意」がきちんと伝われば言いたいことは必ず伝わります。

僕自身も営業トークは苦手です。いや、紋切り型の営業トーク…というか、自分から売り込むことがあんまり好きじゃないんですね。商売っ気がないといえばそれまでですが…。

でも、得てしてこの方がうまくいく場合もあります。もちろん、お客様の疑問点には的確に答えてあげないとダメですけど、まずは「聞いてあげる」ことが大事で「提案」はその後なんです。たまに自分たちの商売とは関係のないことを提案しちゃったりもしますが、それも信頼の礎になったりもします。

口がうまい人ほど、口先だけで話そうとします。でも、口下手でも想いをきちんと伝える努力をすれば、その方が信頼度は高まるような気がします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です