独立と起業

先日、ある本を読んでいたら、興味深いことが書いてありました。まず「独立」と「起業」は全然中身が違うそうです。中身というか、動機の意味付けが違うんだそうです。

独立ってのは働き方や生き方の選択であり、起業ってのは仕事の中身や使命の選択なんだそうです。なんとなくわかる…きっとこの二つは似て非なるものなんだと思います。で、ある欲求が高まるとこの「独立」もしくは「起業」へ向かうそうで…。

「自己成長欲求」「自己裁量欲求」「他者評価欲求」が高まると「独立」に向かい、「自己実現欲求」「社会貢献欲求」「経済充足欲求」が高いと「起業」に向かいやすいんだそうです。で、僕の場合なんだろなと思って考えたら…6つともありますね。^_^;

ただ、「自己裁量欲求」「自己実現欲求」「経済充足欲求」の3つがあまりに強すぎると、貪欲さゆえに自社のことばかりを考えがちになってしまうそうで、「自己成長欲求」「他者評価欲求」「社会貢献欲求」の3つがあまりに強すぎると意欲だけ立派でボランティアになりかねないそうです。うーん…うちは後者寄りなのかも…。

まぁこの辺もバランスだとは思いますが、この6つの欲求のうちいくつかをもし高い確率で持っているとしたら、サラリーマンよりも「独立」なり「起業」が向いているのかもしれないってことですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です