気をつけましょう

メルカリ内で詐欺行為が行われたと話題になっていますが…これメルカリに限らず昔っから無くならない詐欺です。今回の詐欺の内容を簡単に説明しますと、

1.詐欺者が実際には在庫がない商品を出品
2.購入されたら家電店に発注して家電店が発送
3.家電店の購入時は後からのまとめて払い(Paidyという決済システム)を使用
4.家電店から請求が来ても詐欺者は当然支払いをしない
5.Paidyのシステム上、購入者宛に請求書が行く(この時点で詐欺発覚)
6.購入者は家電店への二重払いが発生する

手口自体は昔からある詐欺です。詐欺じゃなくても「せどり」という行為でこのようなことはたくさん行われているんですが、今回詐欺者が目をつけたのが決済システムのタイムラグですね。後払いのタイミングが来るまでは詐欺が発覚しませんので、手を変え品を変えこのような行為を繰り返すことができます。

まぁさすがにメルカリやアマゾンあたりはPaidyの利用を即時停止しましたし、今後運営元から救済手段なんかも出てくるのではないかと思われますが、これ利用者も気を付ける必要があります。

まずこのような手口のほとんどで、掲載写真はメーカーが用意したものとか、いわゆるカタログ写真しか使われません。カタログ写真を使うのはショッピングサイトとかでもよくあるのですが、メルカリなどのフリマアプリでそのようなものが使われていたら気を付けるべきですね。自分の手元に商品がないと言ってるようなもんですから。

また新品にも関わらず、通常であり得ない金額で出品されているものにも注意が必要です。そして、短期間のうちに大量の取引をこなしていたり、同じ商品を何度も出品している場合も要注意ですね。(こういう詐欺は短期決戦ですから。)

これらのいくつかが当てはまっていたら自分自身に注意信号を灯すべきですが、こういったちょっとしたことに気を配るだけで被害者になるのを防げたりもしますから、詐欺者の甘い誘惑に乗らないようにしたいものですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です