【拡散希望】迷い人を探しています

息子が部活(インターアクト部)でボランティア活動に行ったことのある施設から、知的障害を持つ子が1人いなくなってしまったそうです。なんでも重度の知的障害のため話すこともできないらしいのですが、体は元気なので結構遠くまで歩いて行ってしまうそうです。

いなくなってからもうだいぶ経つのでおそらくはどこかの施設で保護されているのではないかと思いますが、ご家族も心配されていると思うので早く見つかってくれるといいなと思います。もし「あれ?なんかこないだ迷子を保護したみたいな話を聞いたな」とかありましたら、ぜひ情報提供をお願いできればと思います。

素人考えですが…保護している施設は「こんな人を保護してますよ」って警察に連絡しますよね。警察には当然ご家族が行方不明の相談をしていますので、そういう情報を行方不明者データベースのようなものに照合すれば一発で見つかりそうなもんですが、事態はそんな簡単にはいかないようで…。

伝え聞きなので正確な情報ではないかもですが、警察は行方不明者の情報を持っていない(出さない?)そうです。(個人情報のため?)で、そういう情報を持っているのは市区町村(もしくは県)になるようで、そういう役所とか、あと保護されてそうな施設とか病院に直接連絡を取って、ご家族が1個1個確認をしていかなければいけないそうです。警察も市区町村と連携して動けばそんな面倒くさいことにもならないような気もしますが、なんだか釈然としないですよね…。

で、まぁそういうのも含めて応援しようと息子の部活の生徒たちが「けいすけくん捜索プロジェクト」ってのを起ち上げました。現在は駅前などでのビラ配りを中心に活動していますが、どんな些細なことでもご一報いただければと思います。(弊社に連絡をもらっても構いません。)

けいすけくん捜索プロジェクト keisuke.search@gmail.com
江南南警察署 生活安全課 0587-56-0110

どうぞご協力と情報の拡散をお願いいたします。

PS.昨日は犬山駅でチラシを手配りしていたらしいのですが、「寒いからこれ飲んで」って温かい飲み物を渡してくれる方が2人ほどいたそうです。普通なかなかそこまで思いが至らないですよね。本当に心優しい人がいるなと思います。僕も見習って、今度そういう子たちを見かけたら何か差し入れをしてあげたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です