クロームが応答なしになる

ここ数日の間になぜか「debug.log」ってファイルが勝手に作成されるようになっちゃったんですよね。で、調べてみるとどうもこれはGoogle Chromeが吐き出している様子…ローカルでhtmlファイルを開いた時に同じ階層に作成されているような感じです。

で、いろいろと調べてみたらクロームの不具合?とかクロームが壊れた?のが原因のようで、クロームを入れ直すと直るようです。ただ、入れ直さなくても直る手順を見つけましたので、以下に手順を記載させていただきます。

1.クローム(できれば全ソフト)を終了する。
2.「Cドライブ」の「ユーザー」フォルダを開く
3.この中にメインで使っているアカウントのフォルダがあるはずなので、そのフォルダを開きます。
4.「AppData」というフォルダを開きます。
5.「Local」というフォルダを開きます。
6.「Google」というフォルダを開きます。
7.「Chrome」というフォルダを開きます。
8.「User Data」というフォルダを開きます。
8.「Crashpad」というフォルダをまるごと削除します。
10.クロームを起動します。

これで「debug.log」は作成されなくなりましたが、思わぬ効果が…。少し前からクロームにすごく負荷がかかる(応答なしになる)現象に悩まされていたんですが、この作業後一切無くなりました。因果関係は不明ですし、この作業のおかげとも断言できませんが、クロームが応答なしになる現象でお悩みの方は一度試してみる価値があると思います。

確実な情報ではありませんが、一情報として皆様にシェアさせていただきます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です