連絡手段の変遷

最近はお客様からlineで連絡をもらうことも多くなってきました。電話をかけてもらってもいいんですが、lineだと「内容を一旦確認してから応対できる」という一呼吸おけるのがいいですね。参考URLとかをそのまま送れるのも対応がしやすいです。

「気楽に送れる分、休みの日にも連絡が来るようになって大変じゃない?」と言われることもありますけど、まぁそれは今でも休みの日に普通に電話かかってきますから同じです。^_^;

こういったSNSの発達により、影を潜めてしまったのが「メール」です。知っていましたか?今の10代はメールアドレスを持っていない子がほとんどです。持っていたとしても、何かの登録時だけに使用する捨てアドレスくらいです。

これは若者だけじゃなくて、どんどん上の層にも広がってきています。そりゃそうですよね。SNSで連絡がつければメールなんて使いませんから。(ビジネスの世界ではまだまだ必須ですけどね。)

つまり、連絡手段の変遷もきちんと考慮してマーケティングをしていかなくてはいけない時代ってことです。今はSNSばかりにも目が行きがちですけど、これも近い将来違う何かに取って変わられる可能性もあります。

そういった「連絡手段の変化」にもきちんと目を光らせて、一昔前のマーケティングなんてしないようにしなければダメですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です