国語力を上げる

本日のYahooニュースでも上がっていましたが、Amazonの会議では箇条書き資料がNGなんだそうです。会議とかプレゼンって要点が箇条書きされたパワーポイントを見ながら説明していくって形が多いと思いますが、Amazonの会議では「文章で書く」ってルールがあるんだそうです。

アマゾンの会議でパワポ資料がNGな理由(東洋経済)

「文章で書く」ってすごくいいと思うんですよね。「まとめる力」と「伝える力」が鍛えられますし、何より後で見返すこともできます。意識のすれ違いも起きにくいと思います。

しかもこの資料、会議前じゃなく会議時に渡されるんだそうです。なんでも「その場で読んですぐに理解できる文章を書く」ことが資料作成の必須条件になっているそうで…これはライティング能力だけじゃなくプレゼン能力も鍛えられますよね。その用紙の中できちんと「伝え」なくてはいけないわけですから。

日本の企業もこの方式をどんどん導入したほうがいいと思います。ただでさえ「国語力」が落ちてきていますので、全てのベースとなる「国語力」を上げていく意味でもすごくいいんじゃないかなと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です