ファン客作り

お客様が自社の商品やサービスのファンになる時ってどんな時か知っていますか?多くの人は商品やサービスの「品質」を上げると思います。商品やサービスの質が良ければよいほどお客様の満足度は上がるはずですもんね。

コストパフォーマンスとかかもしれませんね。「この費用でこれだけのものが!?」という驚きは、やはりお客様の満足度を向上させます。まぁ、これも商品の品質ありきの話なので、やはり品質が高ければファンになりやすいのかもしれません。

しかし、マーケティングの調査会社が調査した結果によると、一番の要因は「品質」でも「コスパ」でもありませんでした。一番の要因は「購入体験」だったんです。

購入体験というとわかりにくいかもしれませんが、要は「購入した時のお店や会社側の対応」ってことです。つまり「売り方」です。「人の部分」と言い換えてもいいかもしれません。…まぁ、わかりますよね。その時の「人」の対応が気に入ると、次もそこで買おうと思いますもんね。

品質でも価格でもなかなか差別化は出来ません。なぜならば同じような品質、同じような価格の同業他社は山ほどあるからです。ですから、差別化する部分は「人」の部分であるべきです。

売り方ひとつで、次につながるかどうかが変わります。一見さんで終わるかファン客にまで昇華するかは、最初に利用してもらった時の対応次第ってことになりますから、そこを念頭に置いてお客様と接するべきですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です