情報過多だからこそ

本日は4社のお客様とお打ち合わせでしたが、そのうちの1社で「今のお客さんは情報を持ちすぎていることが多い」というお話になりました。確かに、今は情報化社会ですから、ネットにどれだけでも情報が落ちています。

調べようと思えば何でも調べられますし、知識も身につけることが出来ます。お客様側からすると情報武装をすることができるのですが、それに踊らされないようにする必要があります。

何故かと言えば、ネットにはホントの情報もあればウソの情報もあるからです。そういうのを見極めることが出来る目を持っていればいいんですが、いかんせんそこまでの目を持っている人は多くありません。

ですから、基礎的な知識(情報)としては仕入れてもいいと思うんですけど、その上でプロのアドバイスはきちんと聞く姿勢を持った方がいいと思います。やっぱり、餅は餅屋ですからね。

会社側からすると説明や対応の手間も増えますが、きちんと導いてあげるのも専門家の役目なので、間違っていることは間違っているときちんと教え直してあげることも大事ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です