届くけどエラーメール

先日、お客様より「エラーメールが返る」というご相談がありました。自社の公的アドレスに自分の個人アドレスからメールを送ると、エラーメールが返ってくると…。ただ、メールはきちんと届いているので不思議だという内容でした。また、エラーメールは来たり来なかったりで、添付ファイルが付いている場合に来る率が高いとのことでした。

そのエラーメールを転送していただいてエラーの内容を確認したところ、一発で原因はわかりました。こちらのお客様は公的アドレスに届いたメールを社長の携帯に転送していたのですが、その携帯への転送エラーメールが返っていました。…そう、携帯の容量制限に引っかかっていたのです。

フリーメールならまだいいんですが、携帯キャリアの提供しているメールはBOX容量が少ないです。そのため、大きなサイズの添付ファイルがくっついていると、パソコンでは問題なく受信できるものの携帯には届かない(送信元にはエラーメールが返る)という事態が起こり得ます。で、送信元は届いてないと思って何回も送ってしまったりするのですが、その度にエラーメールが返っちゃうんですよね…。

具体的に言いますと添付ファイルの容量が2MBあたりを越えてくると、だいたいどこのキャリアメールでも制限にひっかかるようです。これを防ぐには携帯側のメールBOXの容量を増やすか、いっそのこと携帯への転送をやめるか、もしくはフリーメールに乗り換えてそちらを使うようにするかという感じになりますかね…。社内だけの問題でしたら、添付ファイルはオンラインストレージで転送するようにするって手もありますけど。

携帯(キャリアメール)への転送を設定している人は誰でも起こり得る事態ですが、送られた先(自分)ではエラーメールが返っているかわからないので、お客様とのやり取りで使っているメールで転送を設定している場合は一度運用方法を見直しをした方がいいかもですね。

コメント

  1. 結城 より:

    この度はお世話になりました。
    有難うございます。

    • folksworks より:

      抜本的な解決方法をご提示できず申し訳ないですが、また何かお困りのことがあればお気軽にご相談くださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です