悪さしてたのは…

本日は3社のお客様とお打合せだったのですが、そのうちの1社で「NASに接続が出来ない」という現象が出ていました。最近パソコンを変えたのですが変えた時からずっと接続出来なくて、不思議なのは同時に買った同機種からは接続ができているってことでした。

全く同じ環境で、全く同じセットアップを実行したにもかかわらず、1台だけは接続出来て1台だけ接続できない…正直、謎でした。ただ、色々と深部を調べていくうちに、設定が違っている場所を発見しました。それが「SMB1.0の有効化」です。

何故か、1台は有効で1台は無効になってたんです。ちょっと古いNASだったので「これじゃないか?」と思い、有効化に設定し直したら無事接続できるようになりました。良かった…。でも、なんで同機種でデフォルト設定が違うんだろ?と思い調べてみたら、どうやらWindowsのアップデートで勝手に無効化される場合があるそうです。

今回はとりあえず「SMB1.0」を有効化しましたが、「SMB1.0」自体は古い規格で脆弱性も抱えています。できればNASも新しい規格に対応したものに変更した方がいいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です