メニュー数

先日何かの番組で、「人間が覚えていられるのは、だいたい7±2」という話をやっていました。つまり、だいたい5~9個の項目となるわけですが、これはなんとなくわかります…実はホームページのメニュー数なんかも同じだからです。

ホームページの大枠のメニュー数も、だいたいその範囲におさめておくと訪問者がわかりやすいんですね。

時々ありませんか?すっごくメニューが並んでいて、いったいどこを見ればいいかわからないようなホームページが…まぁそういうのは極端な例だとしても、10を過ぎてくるとメニューがゴチャゴチャしてしまいます。

コンテンツ数とは違いますよ。コンテンツ数というのは多ければ多いほどいいです。ですので、それをどれだけ上手にまとめて、わかりやすく整理してメニューにおさめられるかってことなんです。

メニューを厳選するということも、実は反応を取っていくひとつの要素です。あとはそこからどうやって導いていくかの話だけですから、いくら訴えたいことがいっぱいあったとしても、メニューにおいては「わかりやすさ」というのを優先した方がいいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です