心を動かす更新

ホームページで反応を取っていくためには「更新」って非常に重要です。…というか、基礎的な要素とも言えます。何故かと言うと、リピートアクセスを促すためにも大事な要素だからです。

ホームページに最初に訪れて、その場で「決める」人っていうのは少ないです。それよりも、色々なホームページを見比べて、検討に検討を重ねて選択肢を絞り、どこで買うか決めたとしても購入の意思決定までには更に迷い、そして最終的に何かに背中を押されことによって行動に移す…というような人が圧倒的多数なんです。つまり、何度も何度もアクセスを重ねることによって感情が動いていく人が多いんです。

ですから、選択肢に残してもらうようにすることはもちろんですが、その選択肢に残ったあと実際に「行動してもらう」ためには、「何度も接触する」ってことが大事なことになってきます。…ただ、ホームページ側から接触していくことはできませんので、お客様が自分から接触してくるように仕向けなければいけません。

メルマガとかでプッシュするのもアリですが、それよりも大事なのはリピートアクセスしてもらえるような更新をきちんとしていくことです。「ここに来ればいつも新しい情報が載っている」「これで自分の問題が本当に解決するのか詳しく知りたい」「本当にこの商品に決めていいのか見極めたい」「この人の発信している情報が読みたい」「この人の想いをもっと聞いてみたい」…そんな風に思ってもらえれば、お客様は自然とリピートアクセスするようになります。

そのためには、「意味のある更新」っていうのが重要になってきます。よく勘違いをしている人がいるのですが、「更新をすること」自体が大事なんじゃありません。惰性だけの更新では意味が薄くなってしまいますので、あくまでお客様にとって有益な情報の提供とか、自分の想いを伝え続けるとか、とにかくお客様の心を動かすような更新をしていく必要があります。

例えば、会社やお店側が「当然」と思っているようなことでもアピール材料になったりもします。何故ならば、会社やお店側にとっての「当たり前」は、お客様にとっての「当たり前」ではないからです。「こんなこと知ってるでしょ?」って思うようなことでも、知らないことの方が多かったりもします。

更新は大事な要素ですが、なんとなくとか惰性だけの更新ではいけません。「お客様の心を動かす」ということを考えながら、日々の更新をしていけるといいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です