第一印象

弊社のお客様がもらったホームページ掲載用の声を読みながらテキスト起こししていたら、「最初にホームページが気に入って…」と書かれていました。弊社のお客様がもらってきたお声ですが、これは僕らも嬉しくなりますね。

なぜならば、僕らにとって勝負となる入り口はホームページだからです。ここから次に繋がるかどうか=行動を起こしてもらえるかどうかが決まりますので、次の行動に繋がりさえすれば、とりあえず一つ目の役目は済んだことになります。

まぁホームページには他にもたくさんの役割があるので、行動を起こしてもらうことが全てが全てではありませんが、それでも反応重視のホームページの場合はやはり行動してもらわないことには始まりません。そういう意味では、きちんと役目を果たすことができたようで良かったです。

先日お伺いしたお客様のところでも、「最近結構若いお客さんが来たんだけど、ホームページの評判良かったですよ」と言われました。もちろん、メインターゲットとなる層の受けがいいのが一番ですけど、広い層に受け入れられるのはやっぱり嬉しいです。想定層以外への可能性も広がりますしね。

ホームページっていうのは印象も大事で、最初に気に入ってもらえないと選択肢に残してももらえません。いくら中の方にいいことが書いてあったとしても、そこにたどり着いてもらえないという事態が起こり得ます。きちんと伝えたいことを理解してもらうためにも、デサインや雰囲気も疎かにしてはいけないってことです。同じようなテンプレデザインだと第一印象がどうなるか…そういうところもきちんと考えなくちゃいけないってことです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>