発信し続ける事の難しさ

先日あるお客様から「日記のネタがない」という相談を受けました。ホームページ内で日記(ブログ)のようなものを書いている人も多いと思いますが、確かにネタで困る人は多いです。特にビジネスライクなものになりますと、あまりに軽い内容にもできませんし…。

でも実はネタって言うのは日々どこかに転がっているはずで、アンテナを高くしていれば拾えるネタは多いはずです。コツは視点を変えてみる事なんですが、その道の専門家にとって見れば「当たり前」の事でも、お客様から見たら「眼から鱗」の事も多いんです。いかに「お客様の意識」に自分を落とし込むかって部分も大事になります。

しかも、こういうのは続けるからこそ意味が出てくるんですね。更新を楽しみにしているお客様もいるでしょうし、続ける事で「その人」が見えてきたりもします。何より親近感や親密感に繋がっていくものなので、頑張って続けるべきコンテンツです。

お客様の判断基準は、「結局最後は人」になる事が多いです。その商品やサービスを提供している人の言う事を信頼できるか、勧めるものを受け入れられるか…そういうものがお客様の行動の「最後の一押し」をしますから、そこに繋がる部分には特に力を入れていくべきです。

発信し続けるという事は大変な事ですけど、必ず返ってくるものはありますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です