サキヨミの力

色々なことを「先読み」する力って色々なところで必要になります。言わば「想像力」とか「空想力」になると思いますが、この力が強ければ色々な障害を回避できるようになります。

例えばどこかに営業に行く時でも様々な想定問答をきちんと用意しておけば、何を聞かれても困ることはありませんしお客様の信頼度も高まります。例えば社内会議でも、何かを聞かれた時に裏づけとなる資料をあらかじめ用意してあれば話も早いですし、そのプレゼンが通る確率も高まるでしょう。

要は、いかに「相手の不満」を前もって予測し、その対応が出来るかってことになります。

これをホームページに置き換えると、どんなコンテンツが必要になって、どんな内容になっていればいいかって言うのが見えてきます。まず絶対に必要になるのは「よくあるご質問」です。これが言うなれば「想定問答集」になりますから、とにかくお客様が疑問に持ちそうなことを全て洗い出し、そこに回答を用意しておくべきです。

それから、もうひとつ大事なのが「情報コンテンツ」です。これは単なる情報ページではなく、「お客様の不満を解決する」情報コンテンツになっている必要があります。ほとんどのお客様は何か不満なり不安に思っていることがあって、情報を探してそのホームページへとたどり着きます。ですから、そういう不満や不安をきちんと解消してあげるってことが非常に重要な視点になってきます。

こういったコンテンツを用意する場合にも「いかに先を読めるか」「いかに想像できるか」ってことが大事だったりしますので、常日頃からこの力を鍛えるようにしておくといいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です