ホームページの復旧作業

7年ほど前にホームページを納めたお客様から「ホームページが壊れた」という連絡をいただきました。こちらのお客様はCMSシステムを利用したホームページをカスタマイズして納品し、お客様自身で更新ができるようにしてあったんですね。

今まで問題がなかったのに急にどうしたんだろ?と思って状況を聞いてみると、「サーバーを移動した」とのこと…うーん、データベースの移動か接続がうまくいってないのか…??

詳しく話を聞いてみると、なんでも使っているサーバープランがなくなるとのことで、同じサーバー会社の上位プランに変更を促されたとのことでした。で、データの移動などはサーバー会社がやってくれたみたいですが、ホームページは正常に表示されるものの管理画面が真っ白というお話でした。

なんせ7年前に納めたホームページなんで、弊社も詳細を覚えていません。とりあえず調査をしてみないとなんとも言えないとのことで調査を請け負ったんですが、さすがにこれだけの時間が経っていると他人の作ったプログラムを見ているようなもんです。どんなカスタマイズがどのような手法でされているか解析からのスタートでした。

結果PHPプログラムの互換性の問題と、文字コードの問題が判明したんですが、このお客様がお使いのサーバーがまた特殊なサーバーで、一般的な作りになっておらず苦心しました。まぁでも(ものすごい時間がかかりましたが)なんとか復旧に成功しまして、お客様はものすごく喜んでおられました。

稀な事例ですが、CMSシステムにはこのような危険性も伴います。まぁ、データ移動の時点で詳しい人がやれば大丈夫でしょうけど…。(サーバー会社としては最終的に自己責任というか、ユーザーに操作させようとするらしいんですけど、そんなのわかる人がどれだけいるんでしょうか…?)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です