頭がよくなりました

「BERT(Bidirectional Encoder Representations from Transformers)」と呼ばれる、自然言語処理(NLP)技術がいよいよ日本のGoogleにも正式採用された模様です。

ちょっと前からアメリカを中心に導入が始まり、日本でも強調スニペットと呼ばれる技術から導入が段階的に始まっていたのですが、いよいよ全面的に導入されたようです。

で、これって何?って話ですが…わかりやすく言いますと、「Google先生の頭がよくなった」ってことです。理解力が高まったって言い方の方が正しいかもしれませんね。要は、検索の時に入力する検索ワード(文章)をより正確に理解できるようになり、より正解に近いページを返すようになったってことです。

じゃあSEO的にも何か特殊な対応が必要になったかっていうと…別に何も変わりません。今までと同じように、質の高いコンテンツ作りをする(求められた情報をきちんと返す)ことが最も大事になります。そもそもが検索エンジンの方だけを向いてSEOをするなんてのは、もうナンセンスですからね…。(そんなホームページ会社はもう無いと思いますけど。)

あ、わかりやすい文章を書くように心がけることは必要ですよ。それは検索エンジンに対してだけじゃなく、サイト訪問者に対しても大事な視点です。そもそもが、閲覧している人間が理解できないような文章なんてGoogleにも理解できるはずがありませんからね。SVOCなど基本的なこともきちんと踏まえた上で、わかりやすく、それでいて訴求力の高い文章が書けるといいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です