トンネルの先に

コロナウイルスで打撃を受けていない会社なんてほぼ皆無だと思いますが、そんな中でも前だけを向いて頑張っている会社もあります。これは弊社のあるお客様の例なんですが…「こういう時だからこそできることをする」ってことで、こういう中でも「できること」を模索して色々とお客様に提案をしたり、いつも以上にネット活動に力を入れたりしている会社があります。

その会社はやはりいつもよりアクセス数も伸びていますし、反応としても徐々に返ってきつつあります。こういう状況の中でも「諦める」だけじゃなく、「その中で何ができるか」っていう風にギヤチェンジできるってのは素晴らしいと思います。

今はこういう状況ですので、緊急事態宣言地域だけじゃなく他の地域でも「巣ごもり需要」がどんどん出てくると思います。「巣ごもり需要」っていうとちょっと言い方がアレかもしれませんが、要はいつもよりネットを見る人が増えるってことです。つまり、自社のホームページの閲覧者も増えるかもしれないってことです。

ただ…増えるかどうかってのは、今までにきちんとホームページに向き合ってきたかって部分が大きく関わってきます。SEOできちんと上位に表示されているかどうかに始まって、該当ページを見ただけで離脱されないようになっているかどうか、そして選択肢に残してもらえて最終的に選んでもらえるかどうか…こういう点をきちんとつぶしているかどうかに尽きます。

でも、まだ遅くはありません。これらは、今からでも変えていける部分です。時間がかかる部分、即効性のある部分…いろいろありますが、ネット活動をする人が増えていくであろう今こそ、先駆けて手を打っておくといいのではと思われます。そしてそれは、いつかこの長いトンネルを抜けた時にも大きな力になるはずです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です