姿が見えるように

今はコロナ禍ということもあり、企業活動もネットが中心になりつつあります。まぁその中でも以前からネットに力を入れていた会社なんかが今上手に反応を取っている印象ですけど、これから力を入れようという人は「相手をきちんと見る」ってことに留意した方がいいです。

相手ってのは、もちろんお客様のことです。ネットってのは相手の姿が見えません。もちろん、お客様の方からも自分の姿が見えません。ですから、いかにそういった姿を見えるようにするか、そして相手をきちんと見るようにするかって視点が大事になってきます。

それがどんなところに違いとして出てくるかっていうと、やはりお客様に対するきめ細かな対応ですとか、自社に対する信頼感なんかが変わってきます。結果、それが反応として出てくるって感じです。

結局ネット活動って言っても、対応するのは「人」なわけです。ですから、自分の姿は「見える」ようにしなくてはいけませんし、相手の姿をきちんと「見る」ようにしなければいけません。そこをわかっていない会社が、まだ多いような気がしますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です