入口という役割

先日あるお客様と話している時に「うちの場合、すでに顧客になっているお客さんはホームページをあまり見ていないようだ」という話になりました。こちらのお客様は「会員制ビジネス」をしているお客様になりますが、お客様の囲い込みが出来るビジネスであるほどその傾向はあります。

いわば、ホームページは窓口(入口)なんですね。最初に選んでもらうまでの役割が強く、一度お客様になってもらったら後はSNSなどのツールを使ってコミュニケーションを育んでいけばいいんです。

ホームページの役割って情報発信的な意味合いも強いですけど、まずは「見込み客をきちんと引き込むこと」が大事です。その役割をきちんと果たすためにはやらなければいけないことも多いですけど、それが出来ていればきちんと入口の役割を果たします。

あとはお客様との関係性構築の話になってきますが、これは別にどのツールを用いてもいいので、引き続きホームページを使うケースもあります。まぁ、今はやはりSNSがやりやすいとは思いますけどね…。

大切なのは「何を」「どう使う」かです。すべては使い方次第ですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です