ウィンザー効果

行動心理学に「ウィンザー効果」というものがありますが、これは「当の本人でなく第三者から間接的に情報を伝え聞くことによって、より信憑性や信頼感が増す」というものです。

例えば何か商品を買おうと思っている時に、その会社の人が「ホントにいい商品ですよ」と言っているのと、まったく利益関係のない第三者が「ホントにお勧めできます」と言っているのでは、後者の方がなんとなく信憑性が高く感じますよね?

これをホームページに当てはめると、お客様の声とか口コミ、レビューになるのかなと思います。当然、ホームページではその商品なりサービスの良いところを細かい部分まで説明するはずですが、そういう説明箇所では基本的にメリットしか伝えないはずです。

でも、それってホントなのか、逆に怪しくなってしまいますよね?それがお客様の心理的な部分です。でも、それが第三者的目線で書かれたホントの声みたいなものでしたら、お客様は無条件で信用してしまったりもします。

もちろん、それが「作られた声じゃない」と思ってもらえなければ意味がないので、そこら辺は信憑性を持たせるために直筆の手紙も載せたり、お客様の写真を一緒に載せたり、そういった本物感を演出することが大事になってきます。

お客様の声やレビューというものは意外とよく見られているページになりますので、せっかくですからウィンザー効果も期待して、「ホントの声」と感じていただけるようにしておくことがすごく大事です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です