SEOで騙されない

数あるホームページへの入り口の1つに「検索エンジン」というものがあります。検索エンジンは皆さんもご存知の通り、特定のキーワードを入力すると関連するホームページを順に表示してもらえるものですが、この「表示順位」というものが重要になります。

この表示順位というのは検索エンジンのアルゴリズムで決まります。アルゴリズムは何千何百の要素で構成されており、「これをすれば順位が上がる」と一概に言えるモノではありません。コンテンツのボリュームや更新頻度、被リンクの質や数、キーワード出現率や共起率…等々、有名なものはたくさんありますが、どれか1つだけ対策をすればいいというものでもありません。

ちなみに…むかーし「検索結果がたくさんクリックされれば順位は上がる」と思い込んで自分でクリックし続けたお客様がいらっしゃいましたが、これは何の意味もない行為です。^_^;

このアルゴリズムは月単位、週単位で変わっていきます。大きいアップデートは数ヶ月に1回程度ですが、細かい変更はリアルタイムで常時進行しています。そのため、なかなかリアルタイムな対応は難しいのですが、それでも王道的な対策というのはありますので、そういった細かいアルゴリズムの変動にも揺るがない、そして大きなアルゴリズムの変動にも影響を受けないような対策をしていくことが大切になります。

尚、SEO対策会社というのは数多くありますが、詐欺的な会社も多いので注意が必要です。まず「上位表示をお約束」などと営業をかけてくる会社は注意が必要です。検索エンジンのアルゴリズムというのは公開されていませんから、「絶対」なんて言葉は使えません。当然、各社が独自にアルゴリズムを解析して対策していくのですが、違うサイトで同じことをやっても同じ結果が出ないのがSEO対策です。この辺はノウハウの話になりますが、いずれにしても「絶対」に上位表示させる方法なんていうものは存在しません。

又、リース契約を結ばせようとする会社も要注意です。そもそも「SEO対策」というのはサービスになりますので、リース契約は使えません。それでも、パソコンやタブレットなどのハードと組み合わせてでもリース契約を結ばせようとするのは何故でしょうか…?答えは簡単…リース契約って言うのは第三者契約だからです。つまり、何かあっても…例えばSEO対策会社が契約を履行しなくても、リース契約は残るんです。訴えたってリース会社は関係のない話ですから勝てません。

SEO対策会社に限らずホームページ作成会社なんかもそうですが、ネット上には良い会社もあればうさんくさい会社もあります。「契約さえ取れればいい」という考えの営業マンも多く、契約前はいいことばかり言っていても契約後はそれを実行しないケースもあります。問題が起こると「○○は退社しました。その時の話は知りません」と無かったことにされたという話も聞きました。(本当に退社したのかどうかも怪しいです。)

あと、電話営業をかけてくる会社とかも怪しいです。SEO会社なんだからきちんとSEOで集客すればいいじゃないですか。ホームページ会社だって同じです、自社でSEOができるならそれで集客できるじゃないですか。なんで、電話営業しなければいけないんでしょうね…?

残念ながら、ネット上には騙す事が前提の会社もわんさかあります。ですので、「なんで約束できるの?」「なんでリースなの?」「なんで電話営業してるの?」「なんで…なの?」と、常に疑問を投げかけるようにすれば被害にあいにくいかもしれません…嫌な世の中ですけどね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です