コミュニケーションをしっかりと

会社としてSNSを運用しようとすると、担当者が「どうやって投稿する量を確保しようか悩む」って話をよく聞きます。でもね、実は量ってそんなに重要じゃなくて、それよりも大事なのはコミュニケーションの密度だったりもします。(もちろん、ある程度の投稿量は必要ですけどね。)

それこそ、1日に何回も投稿しなくちゃいけないってことはなくて、その逆です。1日に何回も連投して、相手のタイムラインを埋め尽くすようなことは避けなくてはいけません。相手のこと気遣った運用ってのが大事になります。

投稿自体は別に1日1回とか2日に1回とかでも構いません。相手が反応を起こしやすい(コミュニケーションしやすい)投稿さえあれば、あとはそこからどんどん話が発展していきます。

大事なことは、つながっている人から何かアクションがあればそれはきちんと対応して、それこそ無制限で応えていくってことです。これこそがSNSで反応を取っていく肝になります。

要は、単なる1コメントとして捉えずに、人格を持った1人として全てのコメントに対応していくと、それがいつのまにかコミュニティ化していくってことですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です