空気を入れ替える

家って使い続けていっても劣化していきますが、ほかっておいても劣化していきますよね。例えば人の住まなくなった家の劣化速度と劣化具合は、人が住んでいる家に比べてかなり速くて大きいと思います。

これは色んな理由もあるんでしょうけど、やはり「閉め切られて新しい空気が入ってこない」ことも要因のひとつではないかと思います。空気の入れ替えをして新しい風を採り入れていかないと、いろいろなものが淀んでしまうんですよね。

これは人の心も同じじゃないかと思います。自分の殻に閉じこもってばかりだと心が荒んでしまいます。心を閉め切ってしまうと心の中が淀んでしまい、外からの意見を受け入れようとしないばかりか、そもそも外を見ようともしなくなってしまいます。

でもこれじゃあ、朽ちていく一方です。人は人との関係性の中でしか生きていけません…決して1人では生きていけませんので、心には常に新しい風を採り入れ、開放的にしておく必要があります。つまり、関わりを絶たないようにってことです。

閉鎖空間にしない、常にメンテナンスをする、毎日空気を入れ替える…心を快適にする秘訣は、家を長持ちさせる場合の秘訣と同じってことですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です