文字化け対策

本日お伺いしたお客様のところでは「iPhone」についてのお話になりました。なんでもiPhone6を新たに入手されたそうです。先日お会いしたお客様もそうでしたが、AndroidからiOSに乗り換える方が増えているような気がします。ただ、ちょっと操作性が違うので最初は戸惑うみたいですね…。

でも、これは個人的な意見ですが…一度Macなりi系のApple端末を使ってしまうと、その操作性のすばらしさに虜になってしまうような気がします。人の動きがよく研究されているというか、ストレスなく操作できるようになっているように感じます。

で、今日お伺いしたお客様のところではiPhoneにパソコンのメールを設定し送受信できるようにしてきましたが、iPhoneからWindowsパソコンにメールを送るとどうしても「文字化け」が発生する場合があります。これはエンコードの違いによるものなので仕方がないのですが、自分が受信側の場合は別にいいんですよね。手動でエンコード(UTF-8)を合わせてあげるだけなので。

でも、送った先…例えばお客様の環境で化ける事はできれば避けたいですよね。(そもそもがiPhoneから送るなよという指摘は無しです。)じゃあ、そういう場合はどうするか…よく言われているのは「ある記号」をメールの本文に追加する事です。

その記号というのは「⌘(コマンド)」か「◉(丸)」か「♡(ハート)」です。裏技のようなものですがこれらが本文に入っているだけで文字化けしなくなりますので、メールの署名などに紛れ込ませておくといいと思います。(「◉(丸)」や「♡(ハート)」には他にも色々な種類がありますので、間違えないためには「⌘(コマンド)」を使うといいと思います。)

自転車?PS.そのお客様からの帰り道…珍しいものに遭遇しました。単車?トライク?…にしてはナンバーがない。車輪の細さから判断すると…自転車??

人力のせいなのか相当速度が遅く、堤防で大渋滞を引き起こしていました。(>_<) 自転車が車道を走るのが一般的になってきましたけど、これだけ速度域が違うものが混在するようになってくると国ももう少し考えなくちゃいけないんじゃないかと思います。(双方が不幸にならないためにもね。)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です