やはり本か

息子が入学前にレポートを提出しなくてはいけないようで、自分で取材してまとめあげたレポートをチェックして欲しいとお願いされました。正直、すごく添削が多くなるだろうなと思っていたのですが、書かれたレポートはほとんど修正が必要なく、そのまま提出しても問題ないレベルでした。

それどころか、文章の作り方がまるで小説のように読みやすく、息子の意外な才能を発見して嬉しくなってしまいました。僕も文章を作ることは得意なのですが、これは僕が昔っから本をたくさん読んでいたおかげだと思います。

息子も小さい頃から本が大好きで今でもよく読んでいるのですが、こういうライティング能力もやはりその賜物かなと…。昔は読書感想文を書くのにも四苦八苦していたんですけどね…僕の知らない間にこういう部分も成長していたようで、なんだか感慨深いです。

国語力は全てのベースとなる大切な力です。数学だって理科だって問題文の意味がわからなければ、いくら公式を知っていたって解けません。国語力が下がると、全ての学科の力が下がると思っています。

ですから、今から子育てをする皆さん!ぜひ本をたくさん読ませてあげてください。活字に興味を持つように誘導してあげてください。それは全ての力につながっていくと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です