バックキャスティング

うちの息子は計画を立てるのがヘタクソなんで、バックキャスティングの考え方を教えました。バックキャスティングっていうとなんか難しいことのように感じられてしまうかもしれませんが、要は計画の細分化であり落とし込みです。

まず中・長期的な目標を立て、それを実現させるためには何が必要かっていうことを洗い出して短期的な目標を立てる。そして、その短期的な目標を実現するために何が必要かっていうことをもっと小さなセグメントで細分化し、最終的には「今やるべきことは何か」ってことまで落とし込む方法です。

わかりやすく言えば、段階的なスケジューリングです。これは、皆さん無意識のうちにやられている人も多いんではないでしょうか?でも、こういう計画を立てるのがヘタクソな人には、体系的な方法から教えてあげる必要が出てきます。まぁ、まずは一番大きな(=最終的な)目標を定めるのが難しかったりもするのですが…。

でもこの方法は、実現したい目標さえ設定できれば、あとはそこから振り返って現在すべきことを考えるだけでいいです。で、その細かい目標をひとつひとつ実現していくと、いつのまにか最終的な目標にまでたどり着くってことですね。きわめてシンプルな考え方です。

これは「小さな成功体験の積み重ね」にもなるのでオススメなんですが、大事なのは途中でやめたらたどり着けなくなるってことです。つまり、やり遂げる覚悟と、続ける実行力が必要になってきます。何事もそうですが、たどり着きたい場所があるのであれば、そこに向かって歩み続けなければいけないってことですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です