透け透け

ホームページって言うのはネット上の営業マンです。つまり、ホームページを通じて、まだ見ぬ不特定多数のお客様を相手にしていることになります。

ですから、ホームページって言うのは力を入れれば入れるほど、きちんと効果を返してくれます。…あ、ちゃんと反応が取れるつくりになっていることが前提ですけどね。

本業が忙しくてなかなかホームページにまでは手が回らない方も多いと思いますが、ホームページをないがしろにしているとお客様はそれをきちんと感じ取ります。結果、お客様に対してもそのような対応をするんじゃないかって考えられてしまうんですね。

こういうのは画面を通じて、透けて見えてしまうんです。きちんとこまめに更新がされていて、適切な情報提供がなされ、コミュニケーションをきちんと取っている様子が垣間見れると、お客様は「ここは手厚い対応をしてくれそうだ」って考えます。きちんと自分の考えを述べ、プロフェッショナルとして軸がぶれていないと、お客様は「この人が言うことは信用できる」となるんです。

ホームページに対する意気込みは絶対に透けて見えてきます。であるならば、透けて見せるのは「良く捉えられる部分」にした方がいいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です