助けてもらっていい

僕自身もそうですが、起業後は様々な人に助けてもらいました。それこそ先輩経営者の方々だったり、前の会社繋がりの方だったり、起業仲間だったり取引先の方だったり、友人だったり家族だったり…ビジネスと関係のあることもないことも、色々な人に助けてもらったから今があります。

起業して自分で自分の道を作っていくってことは、荒野を開拓していくのと同じことです。越えられないほどの山が出てきたり、迂回もできないほど大きな穴に遭遇したりもします。でもね、そういう時って不思議と「助けてくれる人」が出てくるんです。

大事なのはそこできちんと「助けてもらう」ことです。変なプライドは捨ててしまって、きちんと頼りきること…素直な心になって、身を任せてしまうことが一番です。

世の中には100%善意だけで助けてくれる人も存在します。ですからもしそういう相手に出会ったら、変に疑心暗鬼にならず差し出された手をきちんと「つかむ」ことです。きっと強く握り返してくれるはずですから。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です