形あるものは…

本日、弊社のシュレッダーが壊れました。創業時から15年以上…途中何度も動かなくなりましたが、その都度分解して直して使い続けてきました。だいたいは紙詰まり程度の故障でしたし…。

でも、今日はモーターが逝ってしまったようでした。(分解したらモーターからつながるギヤも欠けてしまっているようでした。)これはもう仕方がないんで、新しいものに買い替えようと思います。

形あるものは壊れるといっても、15年以上にわたって弊社のお客様の重要書類を裁断し続けてくれたので愛着はあります。モノには魂がこもると言いますが、こういう「愛着」こそがこもる魂なのかもしれませんね。

日本には昔から至る所に神様がいて、自然のもの全てに神が宿っているとされています。「八百万神」という神道の教えですね。でもこれってあながち間違いじゃないような気が…というかモノにも当てはまるような気がしています。

愛着を持って使い続けたものはきちんと応えてくれるというか、なんかそういう感覚はありますね。長い間お疲れ様でしたと言いたいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です