求人はなかなか…

本日は2社のお客様とお打ち合わせでしたが、そのうちの1社で「求人」についてのお話になりました。最近、紙媒体(新聞折込などに入る求人情報)による求人募集をやめたらしいですが、そんなにも反応には違いは出てないとのことでした。

こちらのお客様は自社ホームページの求人を行いつつ、複数の求人媒体も使い分けたりしています。以前は有料の求人サイトなども利用していましたが、高額なためネットでの求人は今は自社ホームページだけの状態になっています。

有料の求人サイトでも優秀な人材が確保できればそれは必要経費と考えればいいんですが、今はワンクリックで応募できる時代ですからね…「簡単に応募できる」ってことは「簡単にやめる」ってことです。実際、こちらのお客様でも応募後に「やっぱりいいです」と「キャンセルの連絡があったこともあるらしいです。

まぁこのお客様に限らず、求人で苦労されているお客様は多いです。自社ホームページに求人バナーなどをつけることも多いですが、そもそもが「本来のお客様」に向けたSEOをやっていますから、属性が違うんですよね。職を求めている人とは。

ですから、求人は求人で別サイトと言うかランディングページみたいなものを立ち上げて、そちらはそちらでSEOをやって「そこで働きたい」って人を求めていった方がいいと思いますが、まぁこの辺もどこまで費用をかけるか…ですね。もしかしたら有料の求人サイトを使った方が安上がりかもしれませんし…。

ただ「会社は人」ですから、少しでもいい人材を確保するためには、ある程度の費用はかけないといけないのかもしれません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です