いよいよですね

2020年1月14日にWindows7のサポートが終了します。いよいよあと1か月ほどになりましたね。Windows7はXPに次いで人気の高かったOSですから、終了が惜しまれますね。

今Windows7を使っている方はなるべくお早めに(年末商戦などで)新しいOSをゲットされるとよろしいかと思いますが、まぁ別にサポートが切れたからと言ってすぐに使えなくなるわけではありません。

サポートが切れるってことは、「新たな穴が見つかっても塞ぎませんよ」ってことです。つまり、セキュリティリスクが高まるだけであって、OS自体が使えなくなるわけではありません。ネットにつながずに使ったり、自分でセキュリティ管理ができる人なんかは使い続けたりもします。(この辺りは自己責任になります。)

で、乗り換えるなら何?って話になりますが…Windows環境では「Windows10」一択になります。「あれ?Windows11が出るんじゃないの?」って話が聞こえてきそうですが、Windows11は出ません。Windowsシリーズはwindows10が最後になります。

いや、進化(バージョンアップ)はしていくんですよ。でも以前のようにOSの名前を変えていくわけじゃなくて、Windows10の中で永久にアップデートをしていく形になります。これがWindowsの次期コードモデル「Redstone」と呼ばれるものです。

要はWindows10さえ持っていれば、ずっとバージョンアップしていってくれるってことですね。まぁどこかで方針転換がある可能性はありますが、とりあえず今Windows環境が必要であるならばWindows10以外の選択肢はないってことになります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です