Edgeの強制アップデート

本日は3社のお客様とお打ち合わせでしたが、いたるところでEdgeの話題が出ました。「勝手にアイコンが変わっちゃった」とか「変な画面が出て、始めるというボタンしか押せない」とか「お気に入りが出なくなった」とか…。

これは「Chromium版Edge」と呼ばれる最新Edgeへの強制アップデートが行われたためですが、結構な強硬手段ですね…。よほど旧Edgeを無いものにしたかったのか…。

しかも、これでアップデートしてしまうとアンインストールできないばかりか、旧Edgeに戻ることはできなくなります。で、その弊害が先に述べた「お気に入りが出なくなった」ってところにも出たようで…新Edgeではお気に入りバーが上部表示に変更になったんです。(旧Edgeは右側に表示)

確かに右側だと画面領域を少し減らされてしまいますが、まぁ今はワイド画面が多いのでそれほど気にならないでしょうし、慣れている人から見たら「改悪」と捉えられても仕方ありません。弊社のお客様も困っておられました。

で、この新Edgeになって何が良くなったかと言いますと…一番はホームページのレンダリングエンジンです。どのくらい早くなったかはこれからの検証にもよると思いますが、これにより使えないアプリってのも出てきます。実際、確定申告「e-Tax」は利用できなくなったようです。(一部機能のようですけどね)

まぁ日本の行政は遅れていて、未だにInternet Explorerでしか使用できない入札システムとかありますので、この辺はどうにかして欲しいものですね。(今話題のマイナポイントもIE11のみ対応だとか…なんでマイクロソフトも推奨しないブラウザを対象とするのか、わけわかめです。)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です